ちまたで話題のお得活動に
色々言ってみよう、やってみよう❣️
というコーナーです(笑)

 

前回の記事
本当に得をする「お得活動」とは? 〜検証編②〜

 

 

今回はいよいよ
お得ショッピングを判定してみたいと思います🎶

 

3. 最終判定〜〜🌟

 

 

さていよいよ、判定ターイム🌟

 

これまでのステップで、
下記の実態が明らかになってくると思います😎👍

 

ステップ1=そもそも最初にほしかった商品は何か

ステップ2=割引のために追加した商品は何か

 

そしてステップ3で、

 

全部お金を出して買いたい商品か?

 

を見ていきたいと思います。

 


(今回のラインナップ)

 

ステップ2で出した【156.4】は、
割引のために追加した商品(ときどきムダなお買い物分笑)、
1点当たりの金額です。

 

【1点につき156円払う】、という意識で見てみましょう👀
判定は優しくゆるく、で大丈夫です(笑)

 

美波の「ゆる判定」例

🌟コーヒー:コーヒーは家で飲んでいるし、味も気になるから156円なら買う

🌟ボールド:気になっていたお品。日用品だし156円なら買う

🌟リップ:そろそろ買うタイミングだから、300円以内ならOK

🌟日焼け止め:う〜ん、季節ものだけど156円なら、そのうち出番が来るしOK

🌟キッチンペーパー:買おうと思っていた日用品。安くて良い

 

ここで大切なことは、
例えちらほらムダな予感があったとしても(笑)、

 

自分ががきちんと納得していれば、何も問題ない

ということ🌸

 

お得活動(今回はお得ショッピング)で重要なのは、
割引率の高さよりも、

 

納得できる内容だと、自分で判断できるどうか❣️❣️

 

割引率が高いものを買うと、
一見すごくお得に見えるのですが、

 

今回のように分解して見ていくと、
ゆる〜く判定していたとしても、

あれっ?こんな化粧水使うオシャレ男子
うちにいたっけ??(笑)とか、

 

あれっ?お得なボディソープだけど、
よくよく考えたら
匂い系のアイテムNGだったわ(笑)

などなど、
まずお金を出しても買わないアイテムが
発見されることになります😄

 

時間があるからこそできる
お得判定方法なので、

 

忙しい方(前回の記事でいうワーママさんなど)は、
やはり判定なしのコピペ実践のほうが
よりお得で有効ではないかと思います◎

 

時間が許す方は、割引率だけでなく、
こうした判断基準を増やしておくことで、

 

「他の人がやっていてお得そうだから!」と
なんとなく購入するよりも、

 

あとあと後悔することがなく、
楽しくお得ショッピングができますよ🎶

 

買ったものの、お得かどうかわからない…💦

 

みんな、どこらへんがお得なの…!?

 

と感じることが多い方は、
ぜひ一度試してみてくださいね🌸